spread honey on the bread ***

鯉沼トキの weblog。 パソコン閲覧 推奨。

そうだ。

IMG_4025.JPG

 

 

うさぎストライプを観た帰りにですね。

電車に乗って移動したのですが。
あんまり混んでるのもイヤだし各駅で。
ワンピースにリュックを背負ってたもんで
乗車後リュックを背中からおろして前にかかえて
つり革もって立ってたのですが。

目の前に座っていた紳士が(推定65歳くらい)
「あなた、座りなさいよ」と立ち上がったのです。
あ。ワンピース着てるしカオまるいし、

妊婦ちゃんと間違われたのかもしれない!とおもって
「あの、わたし、だいじょうぶですし、あの、えっと、ちがいます‥!」って

お腹のあたりちょっと見えやすくしたりして
(でもあんまりやったらせっかくの親切を無にするし。さりげなーく。その人にだけわかるカンジで。)
そしたらその紳士の隣の若者(推定23歳)が
「あ。うん。そういうことじゃないんです。僕すぐ降りますからおふたり座ってください」
と、立ち上がりまして。
わたし座りまして。紳士の隣に。若者まえに立ってまして。

え。なに。これ。どゆこと?
と、おもいながらも「なんか、ごめんなさい。ありがとうございます。」と
おふたりにアタマをさげまして。
紳士が先に降りまして。
降りぎわ「気をつけて帰ってね」と声をかけられました。
紳士の座ってたところ空きましたから、若者をうながして座らせまして、
「なんか。ありがとうございます。」ともう1回言いまして。

あの。前日ものすごく睡眠とってたのですこしも疲れていなかったし、
さいごまで立って帰るつもりでいたしで
あー。やっぱり妊婦ちゃんと間違われたのだ。ふとったからだ。ふとっているからだ。
やせたい。あー。やせたい。
とおもいながらしずかにじぶんの腹部をチラ見しましたらば
すかさず若者

「妊娠されているとはおもっていません。たぶんさっきの方もそうおもってないです。それでわ。」
と言って電車を降りていった。


えーっと。
コレは、どういう現象?
わたし41歳。まだおばあさんじゃないつもり。

仮説1。
小田急線は定期的に人型天使を派遣している。
ちいさなシアワセをふりまいている。

仮説2。
私自身が時折おこなう、わたしに親切にしてくれたヒトに対して
「ああ。今後この人の買ったクリームパンのクリームがヒトよりすこし多めでありますように!」
といった類の、自己満足的ラブ&ピースな念が
何処かの誰かによって私に向かって執行された説。


え。どっち?
どっちにしろ、ありがとね!

(シャシンは品川区に咲いた、花。)


 

<< みた。 | main | ? >>

スポンサーサイト

photo by スポンサードリンク
Reservation and sales***
*****
bana

Get Flash Player

This Web site needs the latest version of FLASH PLAYER.

このページの先頭へ